各区の特徴と新築戸建の価格相場

北区・荒川区

北区・荒川区は新築戸建の平均価格が4,000万円程になります。価格の割には都心部へのアクセスが良く、山手線の「田端駅」「西日暮里駅」「日暮里駅」、千代田線の「町屋駅」が人気です。住宅は密集しているところが多いですが価格が魅力のエリアです。借地権付戸建も多いエリアです。

板橋区

板橋区は新築戸建が3,000万円台から多数販売されており、5,000万円位までが主要価格帯です。但し、平成27年度より敷地面積の最低限度が導入されたため、今後において相場が上昇する可能性があります。東武東上線の「大山駅」「ときわ台駅」「成増駅」や三田線の「板橋区役所前駅」「蓮根駅」等が人気の駅で、日大病院・帝京大病院などの大きな病院も区内には多く、病床数も多いのが特徴です。

練馬区

練馬区は新築戸建の供給数が23区の中でもトップクラスであり、4,000万円台から7,000万円位までの幅広い価格帯で販売されています。全体的にゆったりとした敷地のある物件が多く、公園や農地の数も非常に多いので、都心から離れ落ち着いた暮らしのできる区です。西武池袋線の「練馬駅」「石神井公園駅」「大泉学園駅」、大江戸線の「光が丘駅」等が人気です。

豊島区・文京区

豊島区はターミナル駅の池袋が有名で、多くの商業施設がありますが、その一方で戸建住宅エリアも豊富にあります。区の全域で検討すると新築戸建が4,000万円台から販売されている場合もあり、池袋以外では山手線「目白駅」「巣鴨駅」、有楽町線「要町駅」「千川駅」が人気です。
文京区は都心部に近く、教育施設等がとても充実しています。区内の各地域に歴史ある街や史跡があり、住宅地としても人気があります。但し、物件数が少なく価格相場も比較的高いので、新築戸建は6,000万円以上する物件が多いです。

台東区・墨田区

-005台東区は上野駅があり、都心至近で人気がありますがほとんどの地域がマンションを建築しやすい用途地域となっており、マンションエリアです。新築戸建は供給数が少ないので販売された場合は注目されます。
墨田区は昔ながらの下町エリアが多くあり、スカイツリー周辺も人気エリアです。価格は都心が近い割には抑え目で、新築戸建4,000万円台〜5,000万円台が主要価格帯です。

足立区・葛飾区

足立区は治安が悪いイメージがあったようですが、公園の数も多く、良い住宅街もたくさんあります。千代田線「北千住駅」「綾瀬駅」は都心へのアクセスも良く、人気です。足立区の北側では新築戸建が2,500万円位から新築戸建がありますので、23区で一番リーズナブルな区と言えます。
葛飾区は常磐線「亀有駅」「金町駅」、京成本線「青砥駅」が人気です。公園も多く、住環境も良好です。昔ながらの商店街は活気があります。3,500万円前後の新築戸建が多くあります

江戸川区・江東区

江戸川区は閑静な住宅街が多くあり、ゆったりした住宅が多いエリアで、公園の面積が23区で1番です。住環境も良く、子育てするのに人気の区です。新築戸建は3,500万円~5,000万円位までが主要価格帯です。
江東区は都心が近く人気エリアですが、物件の供給数は全体的に少なく、戸建住宅よりもマンションの多いエリアと言えます。高層マンションが人気ですが、最近は価格の変動が大きいです。臨海地域以外には、総武線「亀戸駅」等の住宅エリアもございます。

千代田区・中央区・港区

いわゆる「都心3区」。昼間人口の高い地域で戸建よりもマンションの方が多いです。住宅街もありますが、他の区と比べると高額な土地相場となっております。

新宿区・渋谷区

新宿区・渋谷区ともにターミナル駅があり商業地イメージが強く、住宅もマンションを想像すると思いますが、実は戸建エリアも広域にあります。区の全域で検討すると、新築戸建が4,000万円台で販売されている場合もあります。最初から諦めて他の区でご検討される前に、まずは近隣で探してみてください。

中野区・杉並区

中野区は新築戸建の主要価格帯が5,000万円台であり、中野駅周辺ですと6,000万円台も多くなってきます。中野駅は新宿駅からのアクセスも良く人気です。西武新宿線の沿線にも駅が多く(「新井薬師前駅」~「鷺宮駅」)住宅街を形成しています。
杉並区は古くから住宅地として人気があり、5,000万円台〜7,000万円台までが主要価格帯です。中央線の「高円寺駅」「阿佐ヶ谷駅」「荻窪駅」、京王井の頭線の「浜田山駅」等が人気です。

世田谷区・目黒区

世田谷区・目黒区ともに人気のある住宅街が多い区であり、新築戸建の主要価格帯は6,000万円台となっています。世田谷区は23区で一番人口が多い区でもあり、小田急線の「下北沢駅」「成城学園前駅」、東急田園都市線の「三軒茶屋駅」「二子玉川駅」等が人気です。
目黒区は憧れの町の代表格「自由が丘」や「中目黒」「碑文谷」等が人気です。

品川区・大田区

品川区は高額なイメージがあるとは思いますが、意外と新築戸建が4,000万円台から検討できる場合があります。有名な住宅地だと「御殿山」「池田山」等があります。東急目黒線「武蔵小山駅」等が人気です。
大田区は23区の中で一番広い区です。「田園調布」という別格の高級住宅地がありますが、区の全域で見ると新築戸建が3,000万円台から販売されていることも多く、エリアによって販売価格帯にバラツキがあります。京浜東北線「蒲田駅」等も人気です。



TOKYO REALTY STAFF

ページトップへ