売りたい

売却をご検討中、または売却活動中のお客様

message-banner020

売却サポートの流れ

【1】売却相談

tel0624不動産売却について、経験豊富な東京リアルティにご相談ください。専門的なアドバイスを検討材料としてご提供いたします。

売却査定は無料にてご相談出来ます。お住み替え・賃貸中・相続・任意売却などお気軽にご相談ください。

【2】物件の確認・調査・査定

sf001土地・建物の状況、近隣環境を東京リアルティが確認いたします。市場調査、売出事例、成約事例、建築法規、権利関係などの調査を基に、不動産査定を実施いたします。

【3】媒介契約

flow0703査定の内容、価格などをご確認いただいた後に、売却活動についてご説明いたします。十分にご納得いただけましたら、媒介契約を締結させていただきます。

当社と専属専任媒介契約を締結して頂いたお客様には、仮測量図の無料作成サービスを提供させて頂きます。

【4】売却活動

meeting0624東京リアルティでは、様々な媒体を通じて物件を告知し、購入希望者を探し出します。実際にお問い合わせがあった場合には、その方に物件の見学をしていただきます。

【5】営業活動報告

tel-lady0703営業活動の状況や、お問い合わせ状況などを報告させていただきます。

不動産会社によっては虚偽の販売状況報告をするところもございます。会社の大小を問わず、信頼できる不動産会社を見つける必要があります。
東京リアルティでは販売状況報告を正確に、そして誠実にさせて頂きます。

【6】売買契約の締結

flow003購入希望者が見つかりましたら、価格や引渡し条件の調整をさせていただき、不動産の売買契約を締結します。

売却サポートのサービスとして、物件お引渡しまでの間に発生する業務の業者手配・連絡を東京リアルティで代行致します。

【7】引渡し準備

flow0703-003買主様への引渡し前にお引越しを済ませ、残代金決済・引渡し準備を進めてください。住宅ローンの抵当権が付いている場合は、抹消する準備が必要です。

【8】残代金決済・引渡し

flow00009残代金の受領と同時に、物件(鍵)の引渡しを行い、売買契約は全て完了となります。

引渡し後も瑕疵担保責任などの問題が起きる可能性がございます。東京リアルティではアフターサービスとして売却後も関係書類を保管し、引き続きサポート致します。

お住み替えの場合のポイント

bar0610-2買い替えに伴う売却の場合には、所有物件の売却時期と、新たに取得する物件の購入時期をどのように調整するかが大切なポイントです。転勤や転校などの理由で、住み替え時期が決まっている場合には購入時期を、住み替え予算に制限がある場合には、売却価格を重視して検討を進めてください。したがって、買い替え計画(売却を先行するか、購入を先行するか、売却と購入をある程度同時に進めるかなど)は、住み替え事情などを十分に踏まえて計画を立てることが大切です。

売却と購入を並行して検討する場合

売却と購入をある程度同時に検討する場合には、現在の住まいの買主及び新居の売主と、価格や引き渡し時期などについて、それぞれのバランスに配慮しながら交渉を進める必要があります。ただし契約条件は、相手方の意向にも左右されますので、難しい交渉となる場合があります。

売却を先に検討する場合

現在の住まいの売却価格を先に固めた上で、新居の購入を進めます。予定する売却価格を踏まえて、新居購入を検討できるので、資金計画が立てやすくなります。ただし、売却の契約を先に結ぶことになりますので、購入の進捗状況に応じて、現在の住まいの引渡し時期を調整する必要があります。調整が難しい場合は、一時的に賃借で仮住まいを用意することも想定しなければなりません。

購入を先に検討する場合

住み替えの心配がなく、じっくり物件を選ぶことができます。ただし、現在の住まいの売却代金を新居購入に充てる場合には、ある程度余裕がある資金計画が必要です。万が一売却価格が想定よりも低かった場合に、現在の住まいのローンが残ったり、購入を断念せざるを得ないリスクもあります。

banner027

banner0629-005